2001年、私はエッセイ集「ギターは小さな星のオーケストラ」を出版して、ギターに対する私の考えを発表しました。幸いこの本は多くの読者の方から賛同のお言葉を頂きました。そこでギター音楽に対する私の思いを実際に演奏で聴き取って頂く為に、昨年、「サウンドオブザギター3」−副題(「ギターは小さな星のオーケストラ」発売記念)−を発表しました所、国の内外を問わず多くの方々から賛辞を頂くことができました。今流行の「癒し系」の音楽としての評価とともに、「このCDを聴いてから仕事を始めると非常にやる気が起る」と言う主旨のお言葉も数多く頂きました。癒され・安堵し・やすらぎの気持ちから明日への希望とやる気が起る「励まし系」に発展するものであれば、この音楽を演奏する事ができたのは望外の喜びです。


   いずれにしましても、このエッセイ集とCDの製作は本当に大事業でしたが、予想以上の反響に奮起して、私にとっては未知の分野であるホームページを開く事に踏み切りました。
   当分の間、私はギター音楽への思いを「私とギター(エッセイ)」の項目の中で、ギターに凝り固まらないように、しかもギターファンの方には興味の持てそうな話題も提供しながら自由に話してゆこうと思っています。音楽愛好家とギター愛好家の方々には私の事を知って頂き、私がギターとともに歩んできた人生をお話する事も目的のひとつです。
   私はギターは最高の弦楽器の一つであるとの信念を持っています。日本ではまだ歴史の浅いクラシックギターとその音楽が少しでも興味を持って親しんで頂く為にも、このホームページがお役に立てばと願っています。
   なお掲示板は置きませんがギターについてここにメールを頂きましたら、楽しい話も弾んでくるのではないかと期待しています。御投稿頂いた文章ご了解頂いた上で公開させて頂く事もあると思います。
   今後の末永いおつきあいをお願い申し上げます。

 

トップへ プロフィール 過去のLP

CDとLP

教本と著書 お知らせ ギターと私 教室案内
画像クリックで音(「サウンド・オブ・ザ・ギター4」セヴィーリャ)が出ます

このホームページは松田晃演の音楽に対する考え方及び教室案内を目的としたものです。



 

 

 

このホームページは今の所は、わたくしが発信する事が出来るわたし及び、わたしの仲間(音楽を愛する仲間)達の共有の唯一のマスコミ(機関誌のようなもの)です。気軽に未発表の記事を公開させて頂きたいと思っています。

 

 

 

 

For English Version please go to
http://www.matsud

 

aguitar.join-us.jp/html/top-page-E.html
and go to th following CD + LP




教室の規則を少し改訂致しました。「教室案内

『 サウンド・オブ・ザ・ギター4』は「アントニオ・デ・トーレスの歌」として「サウンド・オブ・ザ.ギター3」と共に好評発売中です。「サウンド・オブ・ザ・ギター4」はいわばわたしのBest Choiceとしてお受け取り下さい。『 サウンド・オブ・ザ・ギター5』(40年前の録音です)は予想以上に好評で在庫は少なくなって来ました。

「ギターと私」欄の第9回「私の友人からの手紙」で私のバッハの再評価をして頂きたく掲載しました。

 ギター好き必見のサイト

 


新春私の家の玄関先のライラックの花がきれいに咲きました。写真を撮りましたので掲載しました。

ライラック

 「ギターと私」欄、「投稿欄」等は徐々に更新しておりますのでお読み下さい。 

ユーチューブもAkinobu Matsuda "J.S.Bach Lute Suite no.4"等を間もなく掲載します。
プレリュードとフーガをCD2より取り上げました。You-Tube-PreludeおよびYou-Tube-Fugaで見て頂けます。

新春コンサート(2014/1/8)のプログラム等の詳細は投稿欄をご参照下さい。

私の棉屋での曲目解説は投稿欄に出して居ます。古田中利章君の文章です。

聴くギター音楽入門CDの在庫が無くなっていましたが追加製作が出来上がりました。

久方ぶりに「ギターと私」欄等を調べて見ましたら不具合が沢山見つかりました。
時間をかけて、徐々に修正致します。

読みやすくなる様に、目次の整理等、修復して行こうと思っています。

それに一日も早く新しく録音をしたり動画を作製したりしなければと思っています

その上、新しい最新ギター教本に替わるギターの教本を製作したいと思ってもいます

CD「サウンド・オブ・ザ・ギター2」は日本コロムビア製ですので売り切れになっていますが、追加製作は出来ません。

好評You-Tube、バッハ&ポンセ。
        You-Tube-1 Bach Akinobu Matsuda "J.S.Bach Cello Suite no.3"
        You-Tube-2 Ponce Akinobu Matsuda / Allegro Non Troppo "Prelude" (Ponce)
これらはCD「サウンド・オブ・ザ・ギター4」及び「サウンド・オブ・ザ・ギター3」に収録
名器Antonio de Torres最晩年(1892)の作による演奏です

遠くから片田舎の姫路まで足を延ばして習いに来て下さる方が多くなって来ています。嬉しい事です。

生徒募集の記事は「教室案内」欄に、私のCDに興味のある方は「CD+LP」欄に、
私の音楽についてのお話は「ギターと私」欄に掲載されて居ます。

わたしが言いたい事、言わなければならない事は沢山有りますが
ギター上達に必要且つ充分な事共は殆ど言い尽くしています。
つまり芸術家になる為に必要且つ充分な事共ともいえましょうか
「ギターの完全独習」「最新ギター教本の1&2」「ギターは小さな星のオーケストラ」等そして
このホームページの「ギターと私」欄にそれらが集約されていると思っています。
HPのエッセイ集はコピーをして保存しておられる方も多い様です。
ご購読、お礼申し上げます。著書は幾つかの図書館に所蔵されている事もあるそうです。
今のところ投稿欄にも多くの有益な議論が為されていますので投稿欄にも目を通して下さい。
投稿欄は時間順に並べ直してあります

今は録音(出来上がりましたらお知らせ致します)とか
ギター教本の補遺版の作製
(次元が一つ上の美をギターによって表現出来る様になりたいと思っている方の為の参考書)
に気持ちが向かっています。

「聴くギター音楽入門CD」の楽譜 に2カ所、不備がありました。
P40のカルカッシの アンダンティーノの中間部が抜けており、
P51のカルーリのワルツには間違った楽譜が掲載されて居りました。
E-Mailでお送りするかコピーにて送付致しますのでご指示下さい。
なお
「お知らせ欄」にはそれらの楽譜が掲載してあります。


コンサートに付いての投稿は昨年最後と今年最初に投稿があり投稿欄に掲載しました。
「ギタリスト、松田晃演さんとの対話 1 著:塩谷宏太」等

       

曲目解説は暫く「ギターと私」欄にそのまま掲載しております

バックナンバー NO1 

バックナンバー NO2

バックナンバー NO3

バックナンバー(2011年)

バックナンバー(2012年) 


近況お知らせ!

「ギターと私」
欄に(第91回)「プロとアマ」の問題そして「庭」、「道」、「新しい進化論」など発表しました

「ギターと私」欄に2011年エッセイ集No.2目次要約=2011年版を作りました
ホームページの体裁を作るよりも文の内容を重視しています。見苦しい点ガ在りますがお許し下さい。
エッセイを書いたり楽譜を作ったりする事の方が大切だと思っています。
(註)楽譜と言いましてもわたしは偉大なアンドレス・セゴビアの弟子として、彼から
伝えられた楽譜をデーターとして残しておくべきだと思っています。
それらは何時の日か著作権その他が解禁に成った暁には多くのギタリストのお役に立つのではと感じています。
拙文を人生の指針にしているとまで言って下さる外国在住の方からのE-Mailを受け取り責任の重大さを感じています


またギター上達へのヒントも書きたいのですが???

「聴くギター音楽CD」はただ今発売中。(「CD+LP 欄」へ)
「聴くギター音楽入門CD」及び「サウンド・オブ・ザ・ギター2」もお陰さまで在庫が無くなりました
完売したCDも、その他のCD等と共に
マイスペース http://www.myspace.com/akinobumatsuda
http://monstar.fm/matsudaguitar/ で、または
アマゾン  http://www.amazon.co.jp/s/ref=ntt_srch_drd_B003GDTVL2?ie=UTF8&field-keywords=%E6%9D%BE%E7%94%B0%E6%99%83%E6%BC%94&index=digital-music&search-type=ss
でネット販売をしています。これらのネット販売に行きますと全ての曲目は約20秒程試聴出来ます(無料です)

「聴くギター音楽CD」の全曲の曲集(定価、税込み、1,600円+梱包・送料、別途100円) は完成発売になりました
曲目は「CD+LP 欄」

それらのお申し込みは私まで

一連の「サウンド・オブ・ザ・ギター」(「CD+LP 欄」へ)

一般の楽器店、レコードショップなどには置かれていませんが一部熱心なギターショップには置いて頂いています。

なお直接わたくしから購入ご希望の方はご一報下さればすぐに対応致します。(送金手数料、梱包料等無料)

お申し込みは ここへ

 

             

文章が沢山書き溜まって来ました。その一部を順次掲載しています。
エッセイ集、「ギターと私」欄に。目次(各項目の要約)あり。

このHPは少々整理の必要がありますが、外観よりも中身を重視して
わたしが必要と思った文章を、そして録音と教科書を作り上げなければと思っています。